管理薬剤師って残業が多い?!

管理薬剤師って残業が多い?!

職種によって、残業になりやすい仕事と、残業がほとんどない仕事に分かれますが、管理薬剤師の場合はどうなのでしょうか。基本的には、どのような職場で働くのかによって分かれてくるといえますが、全く残業が無いというケースは皆無だと考えていて良いでしょう。

なぜなら、管理薬剤師は、薬剤師を管理したり、現場を統括しなければならない立場だからです。職場ごとに、もう少々詳しくみていくことにしましょう。

まず、多くの薬剤師が働く病院薬局の場合ですが、患者さんがいる限りは仕事をしなければなりません。 また、時間ぎりぎりで何らかの対応が必要となった場合は、管理薬剤師が最後まで対応し、その後に自らの仕事に戻ることができるため、おのずと残業になってしまうことが多いでしょう。

それから、調剤薬局やドラッグストアで働く場合、営業時間が決められていることから、一見残業が少ないように感じてしまいますが、営業が終わった後も、何かと仕事が残っているものですので、定時で帰宅することができるケースはほとんどないといえます。

ただし、残業することで、その分収入が増えるわけですから、一概にデメリットばかりではないといえるでしょう。それだけではなく、様々なスキルを身につけることができるケースもありますし、今後更にステップアップしていきたいのであれば、残業は悪いことばかりではないといえそうです。

とはいえ、仕事をする時間が長くなれば、その分、プライベートの時間が削られていきます。結婚をして子供がいる人であれば、家族で過ごす時間をもっと大切にしたいという人もいるでしょう。 特に、子供が小さなうちは、できるだけ子供と過ごす時間を増やしたいと考え、転職を希望するケースも少なくありません。

そのような時は、自力で転職先を探すのではなく、薬剤師の業界に精通している事で有名な、薬剤師専門の求人サイトを利用してみてはいかがでしょうか。

専属のコンサルタントは、あらゆる職場の情報を持ち合わせていますので、よりプライベートの時間を確保しつつ、待遇面でも満足できる仕事を紹介してくれるといえます。

↑ PAGE TOP