専門薬剤師の年収の相場はどのぐらい?

専門薬剤師の年収の相場はどのぐらい?

現在のような不況にあっても、薬剤師の就職は超売り手市場であるとのことです。 そして、求人の数が多いのは、調剤薬局やドラッグストアです。新卒者の多くは、製薬会社か病院への就職を希望していますが、製薬会社も病院も求人の数は少なく、競争率は非常に高くなっています。

もし、専門薬剤師を目指すのであれば、病院での実務経験を積まなければなりません。そのため、専門薬剤師になりたいのでしたら、狭き門を潜り抜けて病院に就職しなければならないのです。もし、調剤薬局勤務の方でも、求人サイトを活用して、病院への転職を狙うと良いでしょう。

専門薬剤師になるには、病院に就職しなければならないことは覚えておいてください。 また、病院で薬剤師として就職できても、必ずしも専門薬剤師になれるとは限りません。病院薬剤師の中でも専門薬剤師になれるのはほんの一握りです。

ところで、難関資格である専門薬剤師はどのぐらいの年収が得られるのでしょうか。 一般の薬剤師の年収の相場は500万円となっています。この数字は、調剤薬局、ドラッグストア、病院薬剤師の平均です。

製薬メーカーなど、企業に勤める薬剤師の場合、新薬開発に関わると、年収が700万円前後となります。責任者の場合、年収1000万円以上の方もいるようです。では、専門薬剤師の年収はどのぐらいなのでしょうか。専門薬剤師は歴史が浅い資格で、あまり正確が揃っていないようです。ただ、専門薬剤師の年収は650万円ともいわれています。

薬剤師の頂点に立つ専門薬剤師は、責任の重い仕事を任されます。年収より地位を重視する方もいると思いますが、モチベーションを維持するには、適切な給与を支払わなければなりません。 そのため、病院薬剤師の平均年収である500万円より高いことは確かです。

もし、病院看護師より給与が高くなければ、病院薬剤師として実務経験を積んで、研修や講習に出席cし努力を積み重ねてきたのに報われないということになります。 これからは専門薬剤師の需要が高くなることが予想されるため、待遇が良くなることを願っています。

↑ PAGE TOP