薬剤師として高収入を得るには

薬剤師として高収入を得るには

薬剤師の平均年収というと500万円から550万円程度と言われています。これは東京や大阪など都市部の薬剤師の平均相場と言われています。薬剤師ではなく、他の職業であれば普通は都市部になるほど給料は高くなりますが、薬剤師の場合は逆で地方で働く方が収入が高くなります。

理由は単純に地方での薬剤師の人材不足が主な原因です。地方ではどうしても薬剤師が足りないので平均的な年収を提示しているだけでは人が集まりません。そのため、全国的な平均の薬剤師の年収より50万から100万以上高いケースが多いです。

地方僻地で初任給から年収600万円以上を提示されることも珍しくありません。これは薬剤師の経験がない人でこの年収なので経験がある薬剤師であればもう少し、高い年収が見込めます。

このように薬剤師として高収入の年収を得たいと考えているならば地方で薬剤師として働くのが1番可能性として高い方法です。ただし、地方で働くことは独り身の方だったら良いかもしれませんが家族の存在など現在の住環境を変えたくないと思っている方もいるでしょう。

地方に行かず、都市部で転職して高収入の場所はないのかと考えている方も多いのではないでしょうか。東京などの都心部で高収入が見込めないのかというとそうでもありません。実際に地方へ行かなくても、薬剤師として転職して高収入の得ている方もいます。

ただし、都心はそれだけ薬剤師として優秀な人材も多いので必ずしも高収入の職場を見つけられるとは限りません。高収入を得られる重要な要素としては自分が薬剤師の仕事以外にプラスアルファーで何ができるかということです。もはや薬剤師としての仕事だけどするのであれば人材は豊富にいます。いかに違う能力があるかを見せることが重要です。

例えば10年以上働いていて他の人より数倍知識が豊富なことや、仕事以外の部分でスタッフの作業管理や職場管理など総合的な仕事ができること、それにより会社の収益が上がった実績があるかなどが挙げられます。 そういった他の人にはなかなかないような能力があると転職で高収入の薬剤師として働くことが可能です。

↑ PAGE TOP