管理薬剤師の転職ってどう?

管理薬剤師 > 管理薬剤師の転職について

管理薬剤師の転職について

他の職業と同様に薬剤師の方でも今の職場よりもっと年収を上げたいと思っている方や違う経験を得てさらに成長したいと考えている方は多いかと思います。ただ、転職するとなると全てが好転するとも限りません。

実際は前職の職場と大して給料が変わらなかったり、聞いていた仕事内容と違ったり、また職場の雰囲気や同僚との関係に上手く馴染めないなどのケースも十分考えられます。また、前職での経験が次の職場で必ずしも生かされるとは限りません。こういったミスマッチはできる限り避けたいところです。

自分の経験を生かしつつ、さらにステップアップできるような職場を探す必要があります。まずは自分のやりたい仕事や希望の年収をはっきりとさせ転職先について十分調べてから転職に踏み切る必要があります。そして、自分自身についても十分整理して転職に臨む必要があります。

例えばどういった職場でどのくらいの年収を希望しているのかなどです。具体的に言うと今の職場より年収が最低でも50万円以上アップさせたい、休日をもっと増やしたい、もう少し規模の大きい薬局で働きたいなどです。

そしてその条件に見合った職場を応募するにあたって自分の強みとは何なのか、自己PRすべきところは何なのか、また履歴書や面接においてしっかりと準備しているかなどが重要です。

例えばこれまでの経験で自分は薬剤師として処方箋の枚数を増やすことに成功したことや、勤めていた薬局で薬局長として他の薬剤師を指導して引っ張ってきたなど具体的な自己アピールがあるのであればそこを前面に押し出すべきです。職務経歴書や面接ではそのような自分の強みがあればどんどんとアピールしていきましょう。転職は管理薬剤師求人サイトを活用しましょう。

事前準備がしっかりと出来ていないと転職も思うようにできません。自分をしっかりアピールして応募先に採用してもらうには自分の強みやこの人材の確保しなければいけないと相手側企業に思わせる必要があります。転職には時間とそれ相応の労力がかかりますが、自分の準備とやる気次第でさらに年収アップや職場環境のグレードアップを実現することも可能です。

薬剤師の派遣社員になるメリットとデメリット

ライフステージ、ライフスタイル、ワーキングスタイルに合わせて働けるという点が派遣社員になる大きなメリットです。 勤務する時間・曜日・案件を自分の都合に合わせて選択できるので、子育てをしながら仕事をしたい方やプライベートの時間を確保したい方、短期で働きたい方など、自分の都合を優先したいなら派遣社員がピッタリです。

派遣社員は月給制ではなく時給制になるのですが、薬剤師の場合は時給2,000円以上もらえることがあります。 仕事の内容によって変動しますが、パートやアルバイトと比べてもかなり高めの給与が期待できます。

残業がほとんどないというのも派遣社員になるメリットではないでしょうか。 定時で退社できるので、お子様との時間や自分の時間を大切にすることができます。

その他の待遇面ですが、近年では派遣社員の福利厚生が充実してきています。 研修制度を設けているところもあるくらいです。

派遣社員が退職する時には自分で職場の上司に伝える必要はありません。 なぜかというと派遣社員というのは就業先の企業と直接雇用契約をしていないからです。 だから辞めたい時には派遣会社にその旨を伝えるだけでOKです。 それ以降の就業先とのやり取りは派遣会社が行ってくれるので、円滑に辞めることができるというメリットもあります。

残念ながらデメリットも存在しています。 ずっと長く働き続けられるという保障がなく、契約期間が限定されている点です。 契約期間中に契約が切られてしまうということはほとんどありませんが、契約が更新されずに退職となってしまうことは珍しくありません。

自分がもっと働きたいと思っても契約が打ち切られてしまう場合があるという不安が常につきまといます。 その反面、契約期間中に仕事を辞めることは難しく、もし契約期間中に自己都合で退職してしまうとそれ以降仕事が紹介してもらえない可能性が高いです。

派遣会社や職場によっても待遇が異なるので気をつけるようにしましょう。

薬剤師のパート、アルバイト求人

薬剤師の資格を持っている方で、パートやアルバイトとして働きたいという人は少なくないようです。その際、皆さんはどのようにお仕事を探していますか?

新聞の折込チラシや、コンビニなどにあるフレーペーパーなどを利用して探されている方もいると思いますが、薬剤師で探してみるとその数は大変少ないです。まるで薬剤師のアルバイトやパートの求人は多くないように感じます。

実際はそんなことはありません。実は薬剤師のお仕事を探すのであれば、薬剤師に特化した人材紹介会社を利用するのがオススメです。某薬剤師専門の人材紹介会社のサイトで、お試しの検索をして見たところ、調剤薬局パート限定の募集で8件も見つかりました。

OTC求人や病院求人を入れるとすべてで32件です。企業からの募集やそのほかの募集などもありますが、本登録するまでは残念ながらすべてを確認することは不可能となっています。

こちらのサイトでは最高で8つの求人しか、未登録の人はチェックできないシステムとなっていて、上記は公開されているパート求人の一部です。いわゆる非公開求人が多いというわけですね。

非公開求人は公開求人と比べると圧倒的に多い数です。人材会社は、広告や求人ペーパーなどに載っている30倍から40倍の求人を手にしているといわれています。

どうして非公開求人の方が多数あるのかというと、「公開募集ですべて出してしまうと、たくさんの応募者からの連絡が入り、通常の仕事が出来なくなってしまうため」「突然の求人というのは欠員補充などが理由。

なるべくお金や時間をかけなくて済むようにしたいため」「新規事業を始める際は、公開募集にしてしまうと競合店などに内容を悟られてしまうため」「他部署が人員を削減しているところに、薬剤師だけを新しく雇用することを表に出したくないため」などの企業側の理由があるからです。

また求人を出す企業からすれば、「募集を掛けて無事に採用した時にだけ報酬を支払う」というシステムの人材紹介会社の方が、チラシやフリーペーパーに依頼するよりも、コストが低くて済むといった長所もあります。

薬剤師としてパートやアルバイトを希望している利用者側からしても、どれだけ利用しても費用が必要ない人材紹介会社を活用するのはお勧めの方法です。

薬剤師としての仕事を見つけるために一番大切なのは、自分にあった情報を少しでも早く手に入れることでしょう。

人材紹介会社に登録すると担当のスタッフが付いてくれて、登録情報や面接などから、利用者に合った求人をあっという間にたくさん見つけ出してくれます。自分に合った求人を吟味するためにも、実際に働き出したい時期より半年程度前から登録するのがオススメです。